《プロに聞く!人事労務Q&A》休日出勤させた場合、割増賃金を支払わなければなりませんか?

《プロに聞く!人事労務Q&A》休日出勤させた場合、割増賃金を支払わなければなりませんか?

 

回答者:社会保険労務士朝比奈事務所 朝比奈睦明所長

質問

 弊社は、1日の所定労働時間8時間、土曜日及び日曜日を休日とする完全週休2日制の会社です。ある週の火曜日に、従業員が年次有給休暇を取得したのですが、その週の土曜日に休日出勤を8時間しました。代休を与えることができなかった場合、その土曜日の休日出勤手当は、割増賃金を支払わなければならないでしょうか?

回答

<割増賃金の考え方>

法令では、事業主に対して法定労働時間(1日につき8時間及び1週間につき40時間)を超えた場合に25%以上、また法定休日(1週間につき1日もしくは4週間をとおして4日)に労働させた場合について35%以上の割増賃金支払義務を定めています(労基法第37条)。

今般のケースにおける原則的な考え方は、その週の最初の日曜日(暦週を1週間とするのが原則)に休日を取得できていれば、1週間につき1日の休日は確保されているため、その週の土曜日の出勤は法定休日労働にはなりません。従って、35%以上の割増賃金支払義務はありませんが、その土曜日の出勤によって法定労働時間である1週40時間を超えた場合は、超過分に対して時間外労働として25%以上の割増賃金を支払わなければなりません。

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。