リニア品川-名古屋間工事、2015年内着工へ

主要工区を受注する最有力ゼネコンはどこ?

山梨にあるリニアの実験センターの様子

リニア中央新幹線の工事(品川・名古屋間)がいよいよ動き出す。

JR東海は、リニア中央新幹線建設工事のうち、 南アルプス・トンネル(全長約25キロ)の山梨工区(7.7キロ、工事場所・山梨県南巨摩郡早川町)について、公募競争見積方式による建設工事契約手続きを3月13日に公表。見積書の提出期限は2015年8月12日で、今秋にも正式発注、年内着工となりそうだ。

全区間の約8割がトンネルの難工事

すでにリニア中央新幹線の品川駅工事は、指名競争見積方式で手続きが開始されているが、主要工区(品川、名古屋、南アルプス)での公募による発注手続きの公表は今回が初めて。今後、順次、ほかの工区についても発注手続きが行なわれる。

リニア中央新幹線は全長約286キロのうち、約246キロ(全体の約86%)がトンネル。山岳トンネルでは最長の南アルプストンネルは全長約25キロだ。今回発注される工事は、この南アルプストンネル工事のうち、山梨側の7.7キロを工区としており、最も長いトンネルの最大土被り(トンネル掘削面上部から地上までの高さ)が1000メートル以上の区間を含む。

「四万十層群の地層におけるトンネル工事で、高度な技術を必要とする」(JR東海)としており、難工事が予想される工区の一つだ。本線トンネルだけでなく、トンネル工事を進める際に先行で掘る先進抗や約5キロ前後ごとに設置する計画の非常口2カ所も含む工事となる。

次ページ参加資格を満たすゼネコンは限定的
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。