油研工業は茨城・袋田工場が被災、生産設備に一部支障【震災関連速報】

油研工業は茨城・袋田工場が被災、生産設備に一部支障【震災関連速報】

油圧機器の専業メーカーである油研工業は、茨城県大子町にある袋田工場が東日本大震災で被災し、損害が発生した。生産用の機械がずれたり倒れたりしたほか、天井の一部がはがれたため、操業を停止している。現在、機械を元に戻して状態を調べながら、操業再開の準備を急いでいる。16日現在、再開時期は不明だが、「1カ月はかからないだろう」(萩野嘉夫・総務部長)としている。

油研工業は、国内の生産拠点として本社工場(社員約250人)と袋田工場(同約80人)がある。本社は油圧バルブやユニット、袋田は油圧ポンプを生産している。本社で油圧ポンプの生産を行うことは難しく、比較的軽微とはいえ業績への影響は避けられない見通しだ。

また、本社工場のある神奈川県綾瀬市では15日から計画停電が実施されており、一定時間、操業を停止している。この面でも業績への影響がありそうだ。

(柿沼 茂喜 =東洋経済オンライン)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
J.フロントの財務改革<br>「店舗BS」の威力

「店舗BS(バランスシート)」を導入し、傘下の大丸、松坂屋で改革を進めるJ.フロント。不動産事業強化で「脱百貨店経営」に突き進む。山本社長は「大転換期。資産効率を高める」と語る。