これが、アマゾンでたくさん売れた200冊だ

2週連続で「エクセル術」がトップに

(写真:studio7 / Imasia)

1週間(前週の日曜日から土曜日)を通じて、アマゾンの「ビジネス・経済」ジャンルでもっとも売れた本は何か。東洋経済オンラインでは毎週、トップ200冊のランキングを掲載していく。今売れているビジネス書、経済書を確認するために活用して欲しい。今回は、3月1~7日のランキングをお届けする。

前週に続き、トップは『外資系投資銀行のエクセル術』だった。ピケティ関連は本家が4位、2月20日発売となった関連本が6位に入っており、勢いはまだ続いている。

ランキング上位本は発売直後の新刊本が多いが、中には発売から1年以上経過している書籍もある。2010年の『わたしはコンシェルジュ』が11位と勢いが続いているほか、約10年前に築山節医師が著したベストセラー『脳が冴える15の習慣』が17位に入っている。

以下、ベスト10の書名をクリックするとAmazonのページにジャンプするので、詳細な情報については、そちらも参考にしてほしい。

■Amazon ビジネス・経済書ベスト20(3月1~7日)■

1 外資系投資銀行のエクセル仕事術 熊野 整
2 なぜ、この人と話をすると楽になるのか 吉田尚記
3 100%確実に売上がアップする最強の仕組み 加藤公一 レオ
4 21世紀の資本 トマ・ピケティ みすず書房
5 エッセンシャル思考 グレッグ・マキューン
6 【図解】ピケティ入門 高橋 洋一
7 トップの資質 半田 隆夫
8 数千年に一度の経済と歴史の話 松村 嘉浩
9 図解 日本アムウェイ(改訂第2版)
10 資本主義の終焉と歴史の危機 水野 和夫
 
 
次ページトップ50タイトルは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
深圳発 中国メイカー革命<br>君は沸騰都市を見たか?

アジアのシリコンバレー、中国・深圳。スマホの世界大手ファーウェイ、ドローンの最大手DJIが本社を構える。起業家の野心が沸騰する街から始まった製造業革命の実像に迫る。