ニチユは東北の2支店が冠水、安否確認とれない社員も【震災関連速報】

ニチユは東北の2支店が冠水、安否確認とれない社員も【震災関連速報】

バッテリーフォークリフト最大手のニチユは、11日に発生した東日本巨大地震で東北地方管轄の販売会社が被災した。一部支店が営業停止となっているとともに、同社社員の安否確認が取れていない状況も続いている。

ニチユによると、フォークリフト販売子会社であるニチユNHI東北の石巻支店(宮城県石巻市松並)と気仙沼支店(宮城県気仙沼市川口町)の2支店が冠水して営業を中止している。またニチユNHI東北の社員5人の安否が16日現在に至ってもとれていない、という。

ニチユの生産拠点は、京都、滋賀にあることから直接の被害は受けていない。同社は主力のフォークリフトの他に、自動倉庫や無人搬送機器などの物流システムを手掛けている。今回の地震で物流システムが被害を受けた企業も多いことから、修復・復興に向けた対応が求められることになろう。

(鶴見 昌憲 =東洋経済オンライン)

 

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。