アサヒビールは宮城県の社員の安否確認に全力投球【震災関連速報】

アサヒビールは宮城県の社員の安否確認に全力投球【震災関連速報】

アサヒビールは11日の東日本大震災発生後から、全社員の安否確認を続けてきたが、いまだに宮城県のグループ社員7名の安否が不明な状態だ。人事は昼夜休日問わず対応に追われている。ただ、15日の17時時点で宮城県以外の福島、北関東は社員の安全を確認できた。

社員の安否確認が完了していない段階では、被災で操業を停止している福島工場(福島県本宮市荒井字上前畑)と茨城工場(茨城県守谷市緑)の復旧はメドが立たない。

なお、アサヒは被災地に義援金1億円を拠出することを決定しており、社員からもさらに義援金を募っている。

(張 子渓 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。