ワタミは外食店20店弱で営業停止。介護、宅配弁当は現状影響なし【震災関連速報】

ワタミは外食店20店弱で営業停止。介護、宅配弁当は現状影響なし【震災関連速報】

ワタミは東日本大震災の影響により、居酒屋「和民」など20店弱で営業を停止している。うち、11店が震災地の太平洋側東北地方に位置しており、入居しているビルなどの損傷が激しいもようだ。介護、宅配弁当事業には、今のところ運営に大きな問題は生じていない。

営業停止中の20店弱は再開のメドが立っていない。店舗の損傷が激しいほか、交通網の遮断により従業員が通勤できず、電力・ガス・水道などライフラインが断絶されていることが要因だ。「営業再開には相当程度の時間を要する」(ワタミ広報)と見られる。営業中の店舗は平常通りの営業を行っているが、「計画停電の影響により、来客数の減少が著しい」(同)という。

介護・宅配弁当事業に関しては、食事のメニュー変更を若干行う程度で、事業の継続に問題は生じていない。同社は関東圏において、埼玉県越谷市谷中町、埼玉県日高市大谷沢、神奈川県相模原市中央区田名、栃木県上都賀郡西方町大字本城の4カ所に食材加工工場を保有している。今後計画停電の実施により上記工場の稼働がストップすれば、外食以外の介護・宅配弁当事業においても、食材不足などの事態が想定される。

(二階堂 遼馬 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。