オペル、車とネットつなぐ無線通信開始へ

GM「オンスター」でネットの利用可能に

 3月3日、米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)傘下の独オペルのノイマン最高経営責任者(CEO)が明らかにしたところによると、同社は今年、新車購入から1年間無料の無線通信サービス「オンスター」を欧州で始める。写真はオペルのロゴ。2010年6月撮影(2015年 ロイター/Thomas Peter)

[フランクフルト 3日 ロイター] - 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>傘下の独オペルは今年、新車購入から1年間無料の無線通信サービス「オンスター」を欧州で始める。

車に携帯電話のSIMカードを搭載し、エアバッグが開いたり緊急警報装置が作動したりすればドライバーに通知するほか、車内にキーを閉じ込めてしまった場合には離れた場所から解錠することができる。

ノイマン最高経営責任者(CEO)が3日、ジュネーブ国際自動車ショーで明らかにした。

ノイマン氏は「おそらくわれわれにとって、ジュネーブで発表できる最も重要な新規サービスがオンスターだ。緊急支援や接続サービスを提供し、車とインターネットをつなぐ」と説明。英国、オランダ、ドイツで、新車購入から1年間無料の第4世代(4G)の無線通信サービスを提供するという。

同氏は「米アップル<AAPL.O>が自動車事業に参入するとのうわさは、自動車産業が激変する兆しだ。車は『インターネット・オブ・シングス(IoT)』の一部となり、われわれもその一端になりたい」と語った。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。