太陽誘電は福島・伊達市の光ディスク工場が操業停止状態、設備・建物が一部損壊【震災関連速報】

太陽誘電は福島・伊達市の光ディスク工場が操業停止状態、設備・建物が一部損壊【震災関連速報】

携帯電話やパソコンなどのデジタル家電に用いられるコンデンサーメーカーの太陽誘電は、11日に発生した東日本巨大地震の影響を受けて、子会社のザッツ福島(福島県伊達市梁川町やながわ工業団地)の操業停止が続いている。

ザッツ福島では、DVDやブルーレイディスクなど光ディスクの製造を行っている。今回の地震の影響で一部設備および建物が損壊。また、電気やガス等の供給停止が続いているため、現在操業を停止している。会社側は操業再開の見通しについて、明らかにしていない。その他の生産拠点については、地震発生後、一時生産を停止していたが、安全確認の後、順次生産を再開している。

現在、会社側は危機管理マニュアルに基づきリスク対策委員会を設置。情報収集および対策を進め今後の復旧の見通しを探っている。

(伊藤 崇浩 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。