日清食品HLDは茨城県取手市の関東工場を数日間操業停止【震災関連速報】

日清食品HLDは茨城県取手市の関東工場を数日間操業停止【震災関連速報】

日清食品ホールディングスは、11日に発生した東日本巨大地震の影響で、安全確認のため即席麺を製造する関東工場(茨城県取手市)を一時操業停止している。工場建物、人的にも大きな被害が出ているわけではないが、操業再開には数日間を要する見込みだ。他の工場では今のところ影響は出ていない。即席麺は地震後、首都圏など被災地以外でも一部が品薄状態となっており、今後の入荷が未定となっている小売店も多数ある。

また、日清食品HLDは13日に100万食の即席麺の無償提供と、キッチンカー7台の被災地への派遣を表明している。これらの費用に関しては現状公開していない。

(麻田 真衣 =東洋経済オンライン)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
米中接近の真実

昨年の米大統領選で、トランプ氏は中国に対して攻撃的だった。大統領就任後は、打って変わって融和的だ。ポイントは北朝鮮問題。流動的な米中関係の狭間で日本が進む道を示す。