シャオミ、米国でオンライン販売開始へ

スマホは当面扱わず

 2月12日、中国のスマートフォンメーカー最大手、小米科技(シャオミ)[XTC.UL]は、ヘッドホンやスマートリストバンドといった製品のオンライン販売を数カ月以内に米国で開始する。北京で2014年7月撮影(2015年 ロイター/Jason Lee)

[サンフランシスコ 12日 ロイター] - 中国のスマートフォンメーカー最大手、小米科技(シャオミ)[XTC.UL]は、ヘッドホンやスマートリストバンドといった製品のオンライン販売を数カ月以内に米国で開始する。ライバルである米アップル<AAPL.O>のお膝元への進出第一歩となるが、モバイル機器は当面扱わない。

小米の共同創業者兼総裁の林斌氏は12日、記者団に対し、初のオンライン販売サイト「Mi.com」を開設し、米消費者向けに製品を直接販売すると明らかにした。

スマホやタブレット端末を当面扱わないのは、米国の通信業界をめぐる商慣行が自社のコスト面の優位を損なうためなどとした。当初は米消費者へのブランドの浸透に専念する。

小米はまた、今年上期にブラジルでの販売を開始するにあたり、同国での製造パートナーが近く決まりそうだと明らかにした。

小米は創業から5年の新興メーカーだが、低価格やユーザーとの密接な関係を武器に急成長。現在ではインドを含むアジアでのオンライン販売にも力を入れている。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。