成熟した日本の生保市場でも成長余地はまだある--メットライフCEO C・ロバート・ヘンリクソン

成熟した日本の生保市場でも成長余地はまだある--メットライフCEO C・ロバート・ヘンリクソン

米国最大の生命保険会社であるメットライフ。昨年は、リーマンショックで破綻した同業のAIGグループから、アリコ(アメリカン・ライフ・インシュアランス・カンパニー)を買収して話題を呼んだ。メットライフはこの買収によって、アリコの総資産の7割を占めるアリコジャパンを傘下に収めた。

日本を含む国際戦略などについて、メットライフCEOのC・ロバート・ヘンリクソン氏に聞いた。

──日本の生命保険マーケットをどう見ていますか。

一般的には、高齢化が進み人口が減少しているので、成長マーケットといえない。しかし日本人はこれまでずっと貯蓄をしてきており、その貯蓄を退職後の生活に生かそうという人たちが増えている。一方で、国が提供する年金制度や医療保険制度では、すべてを満たすことはできない。そこにギャップがある。

そのギャップを補完し、退職後の安全な生活を確保するための商品を提供していく、という観点から考えると、日本はたいへん魅力的なマーケットだ。

また、われわれのリサーチによれば、日本の中間所得者層の若い人たちは、その上の世代と比べると、保険に加入していない。若い人たちは、商品を買う前にしっかりとその内容を理解し、いろいろ情報を得てから買いたいと思っている。

その買い方は必ずしも対面販売によるものではない。アリコは複数の販売チャネルを持っており、そこに大きなチャンスがある。

日本のように成熟していると見られている市場の中でも、このようにセグメントごとに違う。それを理解したうえで、複数のチャネルを使い、またアドバイスを通じて、新しいニーズを満たす新しい商品を買いやすい方法で提供していけば、成長の機会はまだある。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。