財界の正体 川北隆雄著

財界の正体 川北隆雄著

日本最大の圧力団体、パワーエリートとして政治に絶大な影響力を持つ財界を、経済ジャーナリストである著者は、「経済界の利益を政治的アリーナで実現しようとする集団」と定義。「財界総本山」とも呼ばれる日本経団連を中心に、どのように政治とかかわり、日本をどう動かしてきたのかを解明している。

財界の保守本流だった旧経団連は戦後、政権政党だった自民党に対して「政治献金」という名の斡旋を行い、自分たちに有利な政策の実現を目指してきた。ところが、政治献金を自粛する民主党へと政権が交代した今、その存在も微妙に変わりつつある。

財界が日本経済にとって本当に必要なのかまで、大胆に論じる。

講談社現代新書 798円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
秋から始める<br>プログラミング

30~50代、しかも、金融、不動産など幅広い業種の社会人がプログラミングを学び始めている。1カ月でマスターする方法、高収入が得られる言語を紹介。読めば秋から始めたくなる。