ソニーなど3社、アジアでビデオ配信事業へ

ハリウッド作品のほか現地作品も配信

東京・品川のソニー本社(撮影:今井康一)

[シンガポール 30日 ロイター] - シンガポール・テレコミュニケーションズ(シングテル)STEL.SI>と、ソニー・ピクチャーズテレビジョン(SPT)、ワーナー・ブラザーズ・エンターテイメントの3社は30日、アジア域内でビデオサービスを提供する合弁会社「HOOQ」を設立したことを明らかにした。

シングテルが発表した声明によると、「HOOQ」は、ハリウッドのヒット作やテレビシリーズのほか、アジアの映画やプログラムを配信する予定。ユーザーは作品のストリーミングやダウンロードができる。

サービスは2015年第1・四半期中にも開始する予定で、インドネシア、フィリピン、インド、タイなどで順次、導入するとしている。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
能力「見える化」で採用を変える<br>働き方改革の起爆剤

自分の能力がどこまで通用するのかを世界的に証明するQF。能力を「見える化」する、国をまたいだ評価の物差しだ。「働き方改革」でQFが果たす役割は大きい。改革の起爆剤になるのか。