原始的メディアだからできることがある--『私のフォト・ジャーナリズム』を書いた長倉洋海氏(フォトジャーナリスト)に聞く

原始的メディアだからできることがある--『私のフォト・ジャーナリズム』を書いた長倉洋海氏(フォトジャーナリスト)に聞く

実像と虚像のすき間を埋めようと、世界の隅々まで出掛けていくフォトジャーナリスト。「世界は私たちが思う以上に、複雑で、そして広く豊かで、美しい」という。

──お帰りなさい。インタビューをお願いして数カ月。日本を留守にしていらした。

帰りの船便がなくて。南太平洋、赤道直下のカピンガマランギ環礁にいた。行くときはヨットをチャーターし、揺られ揺られて5日間。渡った島には、船が3カ月から半年に一度しかこない。水上飛行機もない。

帰りは、本島で売るための豚や鶏の糞尿にまみれながらの船旅。「写真の旅」自体は、終わってみれば楽しいものとなるが、その最中はしんどくてつらい。しんどくてつらいが、先々で新たな発見の喜びがあるのはわかっているし、それがしんどい旅を乗り越えさせる力になっている。

──これも本にするのですか。

7月1日から20日にかけて「北の島、南の島」のタイトルで写真展を予定している。本の刊行も決まっている。一昨年に取材したグリーンランドと合わせて。

地球温暖化で氷河が溶け、海面が上がっている島々がある。そこにどのような人たちが住んでいて、どんな生活があるのか。僕の知らなかったこと、見たことがなかったことがたくさんあった。それを伝えたい。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
新型機「スイッチ」がヒット<br>任天堂の復活は本物か

任天堂の「Switch(スイッチ)」は発売から半年以上を経ても品薄が続く。開発キーマンを直撃。さらに君島達己社長にもインタビュー。「この業界は天国か地獄。今は天国が見えてきた」。