(第61回)2012年度新卒採用動向調査【前半戦】 企業の動向編1

●意外に少ないプレエントリー数と合同説明会などでの訪問者数

図表4:プレエントリー数の増減

 母集団形成について見てみよう。まずプレエントリー数だが、10年度から11年度にかけては急増し、単純集計で半数の企業が「昨年同時期より多い」と回答したが、今年は「多い」は31%と意外に少ない。
 逆に「昨年同時期より少ない」と回答した企業は、昨年は4%と非常に少なかったが、今年は16%に増えている。そして「昨年並み」は15%から24%に増大している。
 「とりあえずプレエントリー」が「失敗就活」につながるという指摘はかなり広まっており、キャリアセンターも指導しているから、それが学生の自重を促しているのかもしれない。

図表5:合同セミナーでのブース訪問者数

 次に、合同セミナーや大学主催の学内説明会のブース訪問者数を見てみよう。「少ない」と回答した企業は昨年とほぼ変わらず。「昨年並み」は12%から25%と倍増し、「多い」は32%から25%に減少した。もっともこの数年は「昨年より多い」と回答する企業がとても多かったから、数が高止まっていることを示しているのかもしれない。
 また後ほど触れるが、アンケートのコメントを読むと、使用する就職ナビを変更した企業が少なくなかったようだ。そのこともプレエントリー数やブース訪問者数の変化につながっている可能性もある。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
途上国の石炭火力支援を<br>日本はやめるべき

アル・ゴア元米国副大統領は地球温暖化対策の重要性を訴え続けている。米国は温暖化対策の枠組み「パリ協定」からの脱退を表明。対策は後退してしまうか。日本がすべきことは何か。