1.90倍--がんによる死亡リスクの所得格差《気になる数字》

1.90倍--がんによる死亡リスクの所得格差《気になる数字》

がん(悪性新生物)による死亡リスクに、所得による格差が見られることが、高齢者約1万5000人を最長4年間追跡した調査で明らかになった。男性高齢者(65歳以上)のうち、「所得200万円未満」の人ががんによって死亡するリスク(累積死亡割合)が、「所得400万円以上」の人の1.90倍に達した。また、「教育歴13年以上」に対して「6~9年」が1.46倍と高かった。

調査結果を発表したのは、平井寛・日本福祉大学健康社会研究センター主任研究員。1月21日に札幌市内で開催された日本疫学会学術総会で報告した。

平井氏ら日本福祉大や浜松医科大学を中心とする研究者は、所得水準などの経済格差と健康状態との関係について、愛知県や高知県内の自治体住民への調査を基に解明を進めている。その調査を踏まえ、低所得の人ほどがん死が多いことが、日本で初めて報告された。

これまでがんについては、禁煙や食生活の改善、検診などの対策が講じられてきた。ただ、「検診は社会経済的地位の低い人ほど受診率が低い。健康情報の普及啓発も、教育水準の高い人や意識の高い人には効果があっても、そうでない人には効果が期待しにくい」(平井氏)。

こうしたことから、「従来型の対策だけでなく、社会保障や教育(学習機会)の拡充、税制見直し(所得再分配機能の強化)などの取り組みが必要だ」と平井氏は指摘している。

(岡田広行 =週刊東洋経済2011年2月5日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。写真と本文は関係ありません。
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。