なだ万新展開、「創業家引退」が筋書だった!

会長はアサヒ出身、次期社長は「現代の名工」

新体制で創業家社長の楠本正幸氏は取締役相談役に退く(写真上)。後任には、現在、総料理長を務め現代の名工にも選ばれた専務の木浦信敏氏が就く(写真下中央)(写真はなだ万『百八十年史』より)

昨年12月、アサヒビール傘下に入った日本料理の老舗「なだ万」。グループ化を機にアサヒビールでは役員を派遣する予定だったが、1月14日になだ万の新体制を正式に発表した。

これまで空席だった会長職には、アサヒビールの執行役員営業統括本部副本部長だった谷田部二郎氏(57)が、1月20日に開催する臨時総会を経て就任する予定。谷田部氏はアサヒがなだ万の株式を取得した昨年12月9日付けで、顧問に就任していた。

なだ万会長の就任予定にあたって谷田部氏は、「歴史ある『なだ万』のさらなる発展に向けて、アサヒグループとのシナジーを最大化するために微力ながら全力を尽くしたい。社員がいきいきと働ける環境づくりに努めるとともに、歴史と伝統をしっかりと受け継いでいきたい」とコメントしている。

アサヒビールからの役員派遣は規定路線だが、今回の役員人事では1989年に社長に就任し、老舗企業のトップとして20年以上指揮を執ってきた楠本正幸氏が退き、取締役相談役に就く点もこれまでにない大きな変化だ。

次ページ次期社長は日本料理界の重鎮
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。