お金の流れが変わった! 大前研一著

お金の流れが変わった! 大前研一著

著者の目には、若者だけでなく日本人全体が「草食系」になったように映る。数年前に欲望の希薄化した若者たちを「ミニマム世代」と命名したが、それが日本人全体に広がっている。円高が進んでいるにもかかわらず、個人資産が海外に出ていかず、ほとんど利息のつかない膨大な円預金を続けているのは異常としかいいようがないという。

世界経済のルールが一変し、4000兆円のホームレスマネー(無国籍マネー)が大挙して新興国へと向かい、繁栄の種子をまく。円がここまで“高評価”されているのは、世界が日本に「来てください」と言っているのに等しい。日本にとってはピンチではなく、むしろチャンスとしなければならないと鼓舞する。

PHP新書 760円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
単身世帯急増時代の社会保障

家族依存型、日本の社会保障はそう表現されてきた。しかし、単身世帯比率が30年間で2.2倍に急上昇、家族内の支え合いが弱体化。社会保障を強化し、単身世帯の高齢化に備える。