【産業天気図・外食】猛暑で若干回復だが、アテネ五輪がブレーキ

デパート地下の食品売り場や、持ち帰り弁当店といった“中食”(なかしょく)勢力に押され気味の外食業界。一時期は30兆円近くまで広がった市場規模は、今や25兆円程度まで縮小したといわれ、慢性的な「曇り空」だ。
 とはいえ、この7月は猛暑で業界既存店売上高が対前年比1.3%増と2月以来5カ月ぶりのプラスに転じ(日本フードサービス協会調べ)、一息ついた。ところが、8月はその反動減。さらには、オリンピックによる人出の減少と、せっかくの特需も尻すぼみの状況に陥った。
 それでも冷夏だった昨年よりはましで、ファミレス御三家のすかいらーく、デニーズ、ロイヤルは揃って業績を回復させる。
 一方、BSEショックを引きずる牛丼チェーンは、上期業績が大幅に悪化。米国産牛肉の年内輸入再開にはメドがついたものの、原状回復には時間がかかる、との見方も。元気いっぱいなのは、幸楽苑やハイデイ日高のラーメンチェーン程度か。
【高橋由里記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。