消費税25%で世界一幸せな国デンマークの暮らし ケンジ・ステファン・スズキ著

消費税25%で世界一幸せな国デンマークの暮らし ケンジ・ステファン・スズキ著

デンマークといえば「高福祉・高負担の国」というイメージを持つ人が多いだろう。では、そのイメージの中身ははというと、大きく二つに分かれる。一つは「国が高福祉を重点政策に掲げ、国民もその政策に同意して高い税金を納めている国」というポジティブなもの。もう一方は「福祉サービスは充実しているが、国民から高い税金を徴収している国」という、高福祉の裏にある高負担への警戒心が強いネガティブなもの。欧州では前者が一般的だが、日本では後者の印象が強いのではないかと著者は指摘する。

さまざまな国民の幸福度調査で1位に輝くデンマーク。徹底して無駄を排除し、国民に安心感をもたらす「デンマークモデル」の実態を説く。

角川SSC新書 798円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。