二つの星 山崎光夫著

二つの星 山崎光夫著

文化勲章受章の片岡球子や大久保婦久子、さらに三岸節子など、多くの傑出した画家、工芸作家を生み出した女子美術大学(通称女子美)。1世紀を超える歴史を持ちながらも、特異な存在であるのは、世界に女子の美術大学が二つ(もう一つは米国)だけという事実に示される。

それだけ、創設以来の苦労は並大抵ではなかった。本書によれば、女子美には「二人の親がいるという。生みの親が横井玉子で、育ての親が佐藤志津」。この二人が「二つの星」となって同校の行く末を形づくった。

女性本来の力とその美しさを肯定し、芸術表現を通して社会に貢献する人材を養成する。この創設者の「魂」が、女子美の長命と実績を生み出すのに大いに貢献したようだ。

企業社会においても、長寿企業は独自のコンセプトで市場を切り拓く例が少なくない。時代の潮流に流されずに厳然として生きる創造性の実例を、本書は指し示している。

講談社 1890円

  

関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
東芝が消える日<br>16万人の社員はどこへ行く

巨額の債務超過で、上場廃止が迫る。2度延期したあげく、監査法人の承認がない「意見不表明」の決算を発表。社内では「もうやってられない」という社員の声も。東芝マンはどこへ行く?