【産業天気図・鉄道・バス】東武は今期のスカイツリー効果顕著、来春以降は業界全体で運輸・流通の業績反転、「晴れ」に改善

予想天気
10年10月~11年3月 11年4月~9月

 鉄道・バス業界は足元の「曇り」から2011年春以降は「晴れ」へと、尻上がりに景況感が回復する見通しだ。足元ではリストラや費用節減に頼って利益回復を図っているが、来春以降は小幅ながらも運輸・流通事業で売り上げ反転が見込める。
 
 本業の鉄道需要の代表指標となる旅客数は、秋口まで続いた猛暑が打撃となり、出控えが生じるなど想定外のマイナス要因に。10年4~9月期は、横ばいや微減となる会社が多かった。百貨店・スーパーなどの流通事業も消費低迷に直打され、減収が続いている。唯一、不動産は堅調。都市部のホテル部門では客数増や宿泊稼働率の上昇がみられる。だが、運輸や流通などの低迷をカバーするまでには至っていない。

ただ利益については、費用節減やリストラの効果で4月~9月期(各社上期)から営業小幅増益に転じる会社が大半。また、来12年3月期以降は運輸、流通事業を中心に需要底打ちを迎え、小幅増収に転じる企業が増えそうだ。

東日本旅客鉄道(JR東日本)の今期営業利益は前期比7.3%増の3700億円となり、期初計画を70億円増上積みした会社最新予想の3590億円を上回りそう。退職給付費用の減小が大きく、鉄道が柱の運輸の増益幅が拡大する。東京駅のショッピングゾーン改装などが当たり、駅ナカ物販も想定以上に好調だ。12月の新青森への東北新幹線延伸開業、来年3月の同路線への新型車両「はやぶさ」導入とそれによる輸送時間短縮なども、輸送量拡大につながるだろう。駅ビル・ショッピングなどの改装が下期に相次ぎ、これも来期以降の利益拡大に貢献が期待できそうだ。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。