古事記を読みなおす 三浦佑之著

古事記を読みなおす 三浦佑之著

日本最古の歴史書『古事記』は、『日本書紀』とともに「記紀」と称され、律令国家の由緒を描く--。こうした理解には根本的な誤りがあると、古代文学や伝承文学の専門家である著者は言う。古代律令国家が文字によって叙述、編纂した日本書紀に対して、古事記は「語り」の世界であり、国家が求めた歴史とは一線を画したところに、その本文は存在し続けたのではないかと指摘する。

古事記では重要な部分を担う「出雲神話」が日本書紀に存在しないのはなぜか。そこに二つの歴史書を理解するカギがあると、古事記成立に関する自論を展開する。同時に、音声にこだわって出雲神話を読み解きながら、伝承文学としての古事記の魅力を語る。

ちくま新書 924円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。