たばこ税は増税容認が過半、住民税は減税望む声--東洋経済1000人意識調査

たばこ税は増税容認が過半、住民税は減税望む声--東洋経済1000人意識調査

小沢・元代表の国会招致問題や民主党の企業・団体献金の再開などで、補正予算の審議がまったく進まない中、さまざまな税金について、今後引き上げるべきか、引き下げるべきかを聞いた。

10月1日、税率引き上げにより、値上げが行われたたばこ。増税直後の調査でも、増税容認派が7割弱。法人税、消費税はともに増税派がやや優勢。一方、住民税は減税を望む声が6割を超える。5月に行った調査とほぼ同様の結果となった。


関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
3位転落からの挽回戦略<br>ローソンの危機感

玉塚会長退任と同時に示された、野心的な中期経営計画。ファミリーマートに店舗数で抜かれたローソンの戦略は、質と規模の両方を追うハードルが高いものだ。改革は実を結ぶのか。