アマゾン、「タクシー配送」を準備中

WSJ報道によるとスピード向上策を模索

 11月5日、WSJはアマゾンがタクシーを利用した配送を試験的に実施していると報じた。写真はアマゾンの箱。コロラド州で8月撮影(2014年 ロイター/Rick Wilking)

[サンフランシスコ 5日 ロイター] - 米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は、米オンライン小売り大手アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>がサンフランシスコとロサンゼルスで、タクシーを利用した配送を試験的に実施していると報じた。コストを抑制しつつ、配送スピードを上げる方策を模索しているという。

WSJによると、アマゾンは配車サービスアプリ「フライホィール」を使って同社の物流センターにタクシーを手配。届け先地域が同じ最大10個の荷物を各5ドル程度で配送する実験を行っている。

米国では昨年、オンライン販売の急増や異例の寒波の影響でUPS<UPS.N>やフェデックス<FDX.N>の年末商戦の配送が大幅に遅れた。配送遅延の打撃を受けたアマゾンは、配送先の地元宅配便業者の利用から自社の配送車までさまざまな配送方法を模索している。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。