企業買収の裏側 M&A入門 淵邊善彦著

企業買収の裏側 M&A入門 淵邊善彦著

М&Aは、ライブドア事件や海外のハゲタカファンドなどの印象から、マイナスイメージでとらえられがちだ。

しかし、弁護士として多くのМ&A案件を手掛けてきた著者は、不況突破の糸口として、あるいはグローバル競争の生き残り策として、適切なМ&Aが突破口を開いてくれる可能性を示唆する。さらには円高の現在は、海外の優良企業を格安で手に入れるチャンスだとも強調する。

本書は、何かとわかりづらい企業買収の過程を「結婚」になぞらえながらわかりやすく解説。企業にとって特効薬とも劇薬ともなるМ&Aを、昨今話題となった企業の成功例、失敗例を引用しながら、具体的なイメージを伴った身近なものとして紹介する。

新潮新書 756円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
半導体の覇者<br>熱狂する世界、沈む日本

今やアップル、グーグルも半導体メーカー。半導体関連株はITバブルに迫る高水準。トップ10にアジア勢が並ぶが、日本は事業売却に揺れる東芝のみ。勢力図激変の業界をリポート。