家族の「証拠隠滅」を助けたら罪になる?

「姉の運転する車で凶器を捨てにいった」

もし家族の誰かが犯罪に手を染めたら――。北海道南幌町で高校2年の女子生徒が祖母と母親を殺害したとされる事件で、女子生徒は、凶器の包丁を「姉の運転する車で捨てに行った」と供述していると、10月初旬に報じられた。

報道によると、女子生徒の供述通り、犯行現場の自宅から5キロほど離れた公園で、包丁が発見されたという。仮に、女子生徒の姉が、凶器を捨てるのを手伝うために車を運転したのだとしたら、姉は凶器を隠すことを「手伝った」ということになる。

「証拠隠滅罪」という犯罪がある

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

一般論として、犯罪の証拠を隠すことや、それを手伝うことはよくないことだろう。しかし、家族をかばいたくなる気持ちはわかる。もし万が一、家族が犯罪に関わったとき、その「証拠隠し」を手伝えば、自分も罪に問われてしまうのだろうか。刑事事件にくわしい神尾尊礼弁護士に聞いた。

「犯罪の証拠を隠すことは、犯罪の捜査や裁判を誤らせるおそれがある行為です。そこで、そうした行為は、証拠隠滅罪(刑法104条)として処罰されています。

しかし、ここでいう証拠とは、『他人の』犯罪に関する証拠に限られます。たとえば、仮に他人を殺傷した女子生徒が、自分自身で凶器を捨てたのであれば、証拠隠滅罪にはなりません」

なぜ、自分の犯罪に関する証拠を隠しても、罪にならないのだろうか。

次ページ家族は「他人」なのか?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。