武器なき“環境”戦争 池上彰、手嶋龍一著

武器なき“環境”戦争 池上彰、手嶋龍一著

ともにNHK出身のジャーナリストが、環境問題を通じて世界のあり方と日本の進むべき道を提示する対論集。

「環境の世紀」といわれる今世紀は、地球温暖化の阻止が全地球的な課題であり、それは国際政治の中心的なテーマでもあるという。そうした中で、日本がCO2排出量を減らす手段を武器に、独自の外交戦略を構築する必要性を強調する。「排出権取引」や「カーボン通貨」など、したたかな他国が決めた枠組みを鵜呑みにする一方では、自分たちが不利になるばかりと。

日本は世界トップレベルのエネルギー効率を達成している。その省エネ技術を武器に、国際的な発言力やシステム構築で世界をリードしていく方法論を模索している。

角川SSC新書 819円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
半導体の覇者<br>熱狂する世界、沈む日本

今やアップル、グーグルも半導体メーカー。半導体関連株はITバブルに迫る高水準。トップ10にアジア勢が並ぶが、日本は事業売却に揺れる東芝のみ。勢力図激変の業界をリポート。