任天堂、「睡眠と疲労の測定機器」を開発へ

健康領域の新事業育成を目指す

 10月30日、任天堂の岩田聡社長は、都内での経営方針説明会で、健康領域の新事業について「睡眠と疲労を見える化する」と述べ、睡眠や疲労を手軽に測定できる機器を開発すると発表した。写真は、任天堂のロゴ、6月撮影(2014年 ロイター/Kevork Djansezian)

[東京 30日 ロイター] - 任天堂の岩田聡社長は30日、東京都内で開いた経営方針説明会で、健康領域の新事業について「睡眠と疲労を見える化する」と述べ、睡眠や疲労を手軽に測定できる機器を開発すると発表した。

寝ている間に身に着けずに測定できる「ノンウエアラブルデバイス」としている。

米国の医療機器メーカーと提携し、非接触センサーによる計測などの技術供与を受けるという。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。