韓国ネイバー、LINEが貢献し大幅増益

第3四半期は、前年同期比88%営業増益

 10月30日、日本の通信アプリ会社LINE(ライン)の親会社である韓国のネイバーが発表した第3・四半期決算は、営業利益が前年同期比88%増加した。LINEの売上高の伸びが寄与した。写真はLINEのロゴ。9月撮影(2014年 ロイター/Toru Hanai )

[ソウル 30日 ロイター] - 日本の通信アプリ会社LINE(ライン)の親会社である韓国のネイバー<035420.KS>が発表した第3・四半期決算は、営業利益が前年同期比88%増加した。LINEの売上高の伸びが寄与した。

営業利益は1890億ウォン(1億7946万ドル)。トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリスト23人の予想平均は2010億ウォンだった。

前年同期の営業利益は1050億ウォン、前期は1910億ウォンだった。

LINEの純売上高は2085億ウォン(1億9800万ドル)で、前年同期比57.1%増加した。ゲームやスタンプの販売が好調だった。

ネイバーは、第3・四半期の売上高について約33%が海外事業によるものとし、LINEを含めた海外からの売り上げが業績を押し上げたとしている。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。