「Why型思考」が仕事を変える 細谷功著

「Why型思考」が仕事を変える 細谷功著

「Why型思考」とは、物事の表面的な事象にとらわれるのではなく、その背景や理由を探ることで本質に迫る思考法のことである。その逆が「What型思考」で、目先にとらわれ、言われたことを疑いもなくやるような思考法。決まりだからという理由だけで存続する制度、検証なしに前年並みとなる予算、行き先だけ決まって目的が不明確な視察旅行などがそうだ。

ネット時代の今、情報収集は容易となった。重要なのは、得た情報を基に自分の頭で考え解を出すこと。まずは何事にも「なぜ」と疑問を持つ。ビジネスコンサルタントの著者が、WhatからWhyへの思考回路の転換法と、ビジネスシーンへの具体的活用法を伝授してくれる。

PHPビジネス新書 840円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。