お父さん犬から見る「家族崩壊論」の滑稽さ

ソフトバンクのCMは「家族」の本質を表している

あなたにとって、家族は「ダレ」までですか?(写真:アフロ)
アベノミクスでも注目を浴びる、「女性の活用」。一見、聞こえのいいこの言葉、実は大きな問題をはらんでいるという。本連載では、そんな「男と女」にかかわるさまざまな問題を、異色の男性ジェンダー論研究者が鋭く斬る。

 

お父さんが白い犬」という奇妙な家族が繰り広げる奇想天外なストーリー。ソフトバンクのCMを、毎回、楽しみにしているという人は多いでしょう。実はこれ、日本社会のこれからの家族観を見通す、とても重要な事例なのです。今回はペットと家族を切り口に、家族のあり方について考えてみましょう。

ダレが家族なのか?

「犬の権勢症候群」と呼ばれる「病気」が、話題になったことがあります。都会で溺愛される室内犬などが、飼い主やその子どもにかみついたりする現象で、まさに「飼い犬に手をかまれる」のですが、これは溺愛されることで、集団内で上位にいると勘違いした飼い犬が、より格下の(と犬には映る)飼い主の家族に、従わないために起きる現象です。そういう犬はご飯も飼い主の家族と一緒、ソファの上のような、部屋のいちばんいい場所に居座っていたりします。まさに家族同様の扱いを受けているのです。

何の話かと思われたかもしれません。でもこれは、現代の日本社会で「家族とは何か」を考える重要な問いなのです。みなさんにとっての家族はダレとダレですか?ペットは家族ですか? そもそも「家族」ってダレからダレまでを指すナニなのでしょう。

次ページ「家族」と「家族でないモノ」を分ける基準
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。