砂糖価格、「買って売って買い戻す」不思議

独自の制度は末端価格にどう影響するのか

砂糖の国内消費のうち、8割強を菓子や清涼飲料など業務用が占め、残りが家庭用だ

「お砂糖とミルクは1つずつでよろしいですか」。ファストフード店でコーヒーを注文すると、必ず聞かれる言葉だ。ただ、「いりません」とか「ミルクだけ」と応じる人も少なくない。

実際、砂糖の国内消費量は減っている。1970年代半ばの年間約300万トンをピークに、近年は約200万トンまで縮小。国民1人当たりの消費量も欧米諸国に比べると少ない。200万トンのうち約3割が国内産のサトウキビやテンサイを原料とした国産糖。ほかはタイや豪州から輸入した粗糖(原料糖)を製糖メーカーが精製し、販売する。

容易に想像できることだが、国産糖は原料の生産コストが高く、安価な輸入粗糖を精製した砂糖に、価格ではまったく歯が立たない。その価格差は「テンサイ糖で輸入粗糖精製品の2倍、サトウキビから製造する甘蔗(かんしょ)糖は5倍」(製糖メーカー)という。

内外価格差を埋め合わせる制度

サトウキビは沖縄県や鹿児島県の南西諸島、テンサイは北海道が産地で、それぞれの地域経済を支える基幹作物。環太平洋経済連携協定(TPP)で日本が“聖域”とする重要5品目に砂糖が名を連ねる理由だ。

この内外価格差を埋め合わせるのが「糖価調整制度」。安価な輸入粗糖に調整金を課す一方、国産糖の生産業者やメーカーに交付金を供与することで、価格が同水準になるように、文字どおり調整する。

次ページどのようにして調整するのか
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。