体制一新で臨むイオン、SPA始動も前途多難

体制一新で臨むイオン、SPA始動も前途多難

2着、3着とかごに放り込まれる衣料品。「狙いどおり」とトップバリュコレクションの荻原久示社長は小さくガッツポーズをした。8月にジャスコ津田沼店に1号店をオープンし、今後3年間で総合スーパー(GMS)350店への導入を目指すトップバリュコレクションは、イオンがGMS衣料品改革の柱に位置づける肝いり案件だ。

「衣料品の改革なくしてGMSの復活はない」(イオングループ中核会社でGMSを運営するイオンリテール・村井正平社長)。その言葉どおり、GMSにおいて衣料品は重要な位置を占める。売上高の6割を占める食品の粗利率は20%弱にとどまるのに対し、衣料品は35%を超える高採算品だ(下上図)。GMS全体では衣料品売上高は1割程度だが、イオンの場合は2割を超える。それだけ利益に対する影響も大きい。


売り場を四つに再編成 最低2着の購入目指す

その稼ぎ頭、衣料品の縮小が止まらない。各社はこのトレンドに歯止めをかけようと、ユニクロなど好調な専門店の商品やプロモーションをまねるなど、策を講じてきた。だが単発のヒットはあっても、衣料品全体を押し上げるには至らなかった。流通業界に詳しいオチマーケティングオフィス代表の生地雅之氏は「GMSにも専門店に太刀打ちできる商品はある。ただ売り場の構築や売り方が時代に合っていない」と指摘する。今回のトップバリュコレクションは、従来のあり方にメスを入れ、提案型売り場へと再構築するものだ。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
残業禁止時代<br>働き方改革のオモテと裏

労基署から是正勧告を受けたHIS、朝日新聞社。社員が過労自殺した電通。大手でも野放し状態の残業大国・日本。残業時間の上限規制が導入予定だが、ブラック職場は改善されるか。