アングリーバードのロビオ、最大16%人員削減へ

ユーザー維持に苦戦

 10月2日、人気モバイルゲーム「アングリーバード」の開発会社であるフィンランドのロビオは2日、同国で最大130人を削減する計画だと発表した。香港で7月撮影(2014年 ロイター/Bobby Yip)

[ヘルシンキ 2日 ロイター] - 人気モバイルゲーム「アングリーバード」の開発会社であるフィンランドのロビオは2日、同国で最大130人を削減する計画だと発表した。全従業員の16%に相当するという。

ロビオのミカエル・ヘッド最高経営責任者(CEO)は声明で、現実よりも早い成長を想定して事業を進めてきたとした上で、「組織の簡素化を図り、人員削減を検討する必要がある」と明らかにした。

同社は「アングリーバード」ブランドをゲーム以外にもテレビのアニメ番組や玩具、衣料品にも拡大したが、ユーザー維持に苦戦している。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
秋から始める<br>プログラミング

30~50代、しかも、金融、不動産など幅広い業種の社会人がプログラミングを学び始めている。1カ月でマスターする方法、高収入が得られる言語を紹介。読めば秋から始めたくなる。