テレビの大罪 和田秀樹著

テレビの大罪 和田秀樹著

大宅壮一が言った「一億総白痴化」が流行語になったように、テレビの黎明期には「テレビなんか見ているとバカになる」という風潮があった。しかしここ20年くらいで事態は一変し、今やテレビに出ている人が「文化人」であり、「有名イコール一流」だと著者は指摘する。

統計上ではわずかな事例でも話題性が高く“絵”になることが最優先され、ごく特殊な体験が普遍的な事実であるかのように語られる。その不見識は老若男女を死に追いやり、心身の健康を害し、知性を奪い、日本に大きな損失を与えているという。ひとりの父親として、教育者として、高齢者医療にかかわる者として、テレビ的思考の再検証を期して、あえて暴論を吐く。

新潮新書 735円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
途上国の石炭火力支援を<br>日本はやめるべき

アル・ゴア元米国副大統領は地球温暖化対策の重要性を訴え続けている。米国は温暖化対策の枠組み「パリ協定」からの脱退を表明。対策は後退してしまうか。日本がすべきことは何か。