政治主導はなぜ失敗するのか? 中野雅至著

政治主導はなぜ失敗するのか? 中野雅至著

日本が経済成長できたのは優秀な官僚がいたからだという、いわゆる「官僚神話」は、今やバブル経済崩壊によって地に落ちた感がある。

そうした中、「脱官僚」を打ち出し政権交代した民主党が、本当に目的を達成できるのかを精査したのが本書である。厚生労働省に10年以上勤務していた著者は、脱官僚ができたからといって、簡単に政治主導体制が構築できるわけではないと説く。

問題は、拒否権プレーヤーがさまざまに跋扈(ばっこ)する日本政治の特質を的確に認識したうえで、いかに政治主導体制を推進できるかにある。中には優秀な官僚がいるのも事実。彼らをうまく使いこなし、かつ政治がリーダーシップを発揮する方法を模索する。

光文社新書 819円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。