速報!「iPhone6」発売、行ってみました!!

表参道は多言語が飛び交う"お祭り騒ぎ"

アップルストア表参道は早朝から大盛り上がり(撮影:尾形文繁)

「5、4、3、2、1、ゼロ~ッ!」

9月19日午前8時0分。東京・渋谷区の「アップルストア表参道」一帯は、まさに”お祭り騒ぎ”だった。米アップルが9月9日(米国時間)に発表した「iPhone6」がいよいよ売り出されるからだ。

今年の発売日イベントは、去年の銀座店ではなく、表参道店。地下鉄表参道駅から近いアップルストアの前には、客、メディア、やじ馬に、普通の通勤客も加わり、騒然としていた。前日にはすでに800人が並んでいたが、8時の時点ではおよそ1300人以上が行列を作っていた。列はアップルストアから表参道交差点で折れ曲がり、そこから青山通りの歩道沿いに、外苑前駅を過ぎ、さらに伊藤忠商事の本社前も超えていたほどだ。

「免税が必要な方はいらっしゃいますか? パスポートを出して下さい」

ブルーのシャツを着たアップルのスタッフの声が響く。列をグルッとたどってみて感じたのは、意外に外国人が多いことだった。中国語の飛び交う集団が目立ったほか、ベトナムなどのアジア系が多い。「(並んでる方は)もっと右に寄って下さい!」。赤坂警察署員の大声が響く。想定以上の規模だったのか、所轄の警察もピリピリしているようだ。

スタッフも客も陶酔状態

8時直前、カウントダウンが始まった。全面ガラス張りの建物なので、外からは丸見え。スタッフ自ら「ヒューヒュー」と叫び、全員ハイテンション状態だ。

音量にご注意ください

いよいよ扉が開いた。最前列の客が店内に向かう。うち1人は、金色のスティーブ・ジョブズのマスクを被っているうえ、背丈ほどあるiPhone6の張りぼてを抱え、まさに「見てみて」と言わんばかりの集団だ。だが開店前、彼らに取材を試みたのだが、なぜか前から5人目までは”取材NG”だった。素性がバレたら困るのか、あるいは他に独占したメディアがいるのかもしれない。

入店は4~5人ずつのグループに分け、順次、客を入れるため、店内がごった返すということはない。使い心地を試したり、アクセサリーを追加で買ったり、また契約の書面も書いたりするから、購入を終えて店舗を出るまでは、意外に時間がかかる。

次ページ有給休暇を取っても並べ!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。