40歳からの腸内改造 松生恒夫著

40歳からの腸内改造 松生恒夫著

大腸がんで亡くなる人が増えている。日本人のがん死の中で、大腸がんの死亡率は女性が1位、男性は3位。そして40歳を過ぎたころから、がんの発生率が高くなる。

消化器内科医である著者は、その背景の一つに戦後日本に広がった欧米型の食生活を挙げる。肉類や乳製品を多く食べ、食物繊維を摂らなくなったこと、そして植物性乳酸菌をほとんど摂らなくなり、逆に動物性乳酸菌を摂りすぎることが、腸内環境に変化をもたらしたと考察する。

さまざまな腸疾患の事例とその治療法を解説。さらには、腸の病気にかからないために著者が編み出した食生活の改善方法「腸内リセット・プログラム」による食餌療法などを紹介している。

ちくま新書 714円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。