「ビートルズ!」をつくった男の規格外武勇伝

伝説のヒットメーカーが明かす舞台裏

写真:Pictorial Press/アフロ
ザ・ビートルズ「抱きしめたい」、クロード・チアリ「夜霧のしのびあい」、黛ジュン「恋のハレルヤ」、ザ・フォーク・クルセダーズ「帰って来たヨッパライ」、由紀さおり「夜明けのスキャット」……。『ビートルズをつくった男―ブライアン・エプスタイン』を思い起こさせるようなタイトルが付けられた『「ビートルズ!」をつくった男』では、ビートルズ来日秘話だけでなく、高嶋氏によって「昭和の名曲」が世に送り出された数々の秘話が明らかにされる。

 

──ビートルズ「抱きしめたい」の日本語タイトルの命名者だそうですね。

1964年、来日の2年前、今からちょうど50年前に最初のシングル盤として手掛けた。

ビートルズでの僕の功績は、「抱きしめたい」というタイトルをつけたことだとつくづく思う。当時は禁句に近い言葉でインパクトがあった。原題は「I Want To Hold Your Hand」。長いから短くしなければいけない。「プリーズ・プリーズ・ミー」にしろ、3~4単語までのものは言いやすいので、そのままカタカナ表記にした。

ビートルズは世界的に人気になっていたが、当時隆盛だったラジオ局に売り込みに行っても英国の音楽は相手にされなかった。そのギャップを埋めてやろうと、よっしゃ日本で売りまくるぞと挑んだ。

──ビートルズに限らず、タイトル付けは得意ですか。

たかしま・ひろゆき●1934年生まれ。早稲田大学文学部卒業。東芝音楽工業(現ユニバーサルミュージック)の洋楽ディレクターを手始めに、アルバム『ビートルズ! 』をはじめアイデアと行動力で日本におけるロックやJ-POPのスター誕生に大きく貢献。兄は俳優の高島忠夫氏、娘にバイオリニストの高嶋ちさ子氏。(撮影:尾形文繁)

サービス精神、とにかくドラマチックに面白く伝えたいと心掛けてきた。自分で言うのも何だけど、うまいと思う。五十余年のディレクター・プロデューサー人生を、ビフォー・ザ・ビートルズ、ザ・ビートルズ、アフター・ザ・ビートルズと3期間に分ければ、ビフォーでは、ブライアン・ハイランド「ビキニスタイルのお嬢さん」やサルヴァトール・アダモ「雪が降る」、アフターでは由紀さおり「夜明けのスキャット」といった具合に、いっぱいやっている。

──一方でビートルズからの卒業もずいぶん早いですね。

ビートルズのマネジャーで同い年のブライアン・エプスタインに会ったとき、何となくひざまずくような格好になった。しかし、誰のおかげでビートルズが日本に来られたと思っているのだ、僕が売ったからだと腹立たしい気持ちが高まって、なぜかむなしくなった。そこで、後輩にビートルズを任せ、日本の楽曲をやるようになった。ビートルズをやめてからの2年間にむしろめちゃくちゃにヒット作を出した。

当時は洋楽のシェアが日本では85%ぐらい。日本人の曲は邪魔物扱い。その時代に日本人を売ってやるぞと挑んだ。ちょっと偉そうだが、日本にニューミュージック、J-POPのジャンルを切り開いたと思っている。実際、カレッジ・ポップスというシリーズを作った。今、一般の人はカレッジ・フォークといっているが、これでレコード大賞の企画賞を取った。今では日本物の楽曲が85%ぐらいに逆転している。

次ページテレビに嫌われてしまった
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。