マイホームを持たない中国人は敗北者

中国不動産バブルの勝ち組、負け組(前編)

 日本にとって近くて遠い国、中国――。日本人は、中国や中国人について語るとき、つい画一的なイメージを持ってしまう。しかし、中国人は極めて多様だ。特に若い世代と古い世代には、価値観に大きな隔たりがある。では、中国人の新世代エリートたちは、何を考え、どんな価値観を持っているのか。現地でのインタビューや鼎談などを通じて、キャリアから政治から恋愛まで、今どきの中国人の本音を探る。
(写真:AP/アフロ)

中国人はマイホームを持つということに、並々ならぬ強い思いがある。それゆえ、中国の不動産バブルは、ごく一般の庶民の間にも勝ち組と負け組を生んだ。特に北京では、北京五輪とリーマンショックが一緒にやってきた2008年あたりを分水嶺に、マイホームをなんとか買った人と買えなかった人の明暗がよりくっきりと際立ってきたようだ。そんな負け組と勝ち組の2人の女性の話をレポートする。前編は「負け組」の話。

  「マイホームもマイカーもそのうちでいいわ」

小梅(仮名)は約7年前、30代半ば過ぎで、中国的に「遅め」の結婚をしたとき、そう話していた。招かれた新居は40平方メートル2DKの古い借家で、6畳ほどの窓のない暗いダイニングルームに、中古の家具が申し訳なさげに鎮座していた。

男性が結婚前にマイホームを用意するのが当たり前、新居には真新しい家具が並んでいるのが「普通」であるこの国で、彼女のような地味婚は少数派だった。

友人の紹介で知り合ったという同い年の夫は、人のよさそうな朴訥なサラリーマンで、外資系メーカーの工場勤めだった。マイホームも買えない「貧乏人」というわけではなく、月1万元程度の収入はあった。

ちょうど仕事に行き詰まっていた小梅は妊娠を期に退職し、専業主婦になった。「週末には夫が料理を作ってくれる」と幸せいっぱいだった彼女は今、マイホームがないことに強いストレスを感じているという。ある日、ランチをしながら、彼女の愚痴を聞くことになった。

不動産価格が10倍になったところも

――マイホームがないのがストレス?

実のところ、マイホームというのは中国人の夢なの。中国の家庭には、「絶対、自分たちの家を持たなくては」という強迫観念のようなものがある。外国人は、借家でも住むところがあればそれでいいじゃないかと思うかもしれない。実際、そうだとは思うのだけれど、心理的にはマイホームを持っていないという現実をどうしても受け入れられない。

次ページ無理してでも買っておけばよかった…
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。