サムスン電子、インドネシア工場建設へ

現地向けのスマートフォンを製造

 8月18日、韓国のサムスン電子は、主にインドネシア向けの携帯電話を製造するため、同国で工場を建設することを明らかにした。写真は2010年4月、ソウルで撮影(2014年 ロイター/Jo Yong-Hak)

[ジャカルタ/ソウル 18日 ロイター] - 韓国のサムスン電子<005930.KS>は18日、主にインドネシア向けの携帯電話を製造するため、同国で工場を建設することを明らかにした。

製造対象が従来型携帯電話か、スマートフォン(多機能携帯電話、スマホ)か、そのいずれもになるのかは分かっていない。インドネシアは携帯電話市場が最も成長している国の1つ。

サムスン電子はすでに中国とベトナムに工場を持っている。新工場への投資額は不明。

同社は電子メールで「インドネシア市場向けに携帯電話を製造する計画について、同国政府と協議してきた。より効率的に現地顧客の需要に対応することができるようになるだろう」と説明した。

インドネシア産業省はロイターに対し、サムスン電子が西ジャワ州に工場を新設し、月当たり90万台の製造を目指していることを明らかにした。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。