困ったら、エンジニアは奇声を発する

にゃー、ぎょえー、という声はSOSのサイン

どうやってもプログラムが正常に動作しない、どうやって実装すれば処理速度が速くなるのかよくわからない、どこにバグがひそんでいるのかわからない・・・システムエンジニアの仕事は、行き詰ることが日常茶飯事です。

もちろん、仕事ですから投げ出すようなことはしません。忍耐強く色々と調べます。自力で解決することも多いです。しかし、どうしても解決しないものは自宅に持ち帰ってプログラムの中身を調べたりします。

それでも、解決の糸口がみえないときにはどうするか。

うううううう・・・。もう我慢できない。そんなときには、「にゃーにゃにゃにゃにゃにゃーにゃー」とか奇声を発します。

だって、ダマっていても解決しないんだもの。教えてくれる人が近くにいるってありがたいですね。

でも、これは職場でも同じなんですよね。「うぉー」とか、「ぎょえー」などと奇声を発しているシステムエンジニアをみかけたら、優しく相談に乗ってあげてください。

今週も頑張っていきましょう!

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。