就職氷河期でも、就活強化で内々定は昨年並み--文系女子の平均エントリー数は過去最高の108社

就職氷河期でも、就活強化で内々定は昨年並み--文系女子の平均エントリー数は過去最高の108社

採用コンサルティング会社のレジェンダ・コーポレーションが2011年4月入社予定者の就職活動状況と企業の採用方針について調査した。

その結果によると、学生の活動量は昨年を上回り、全体平均でエントリー企業数は90社(昨年比35.5%増)となった。

特に文系女子の活動量は他を大きく上回り、エントリー企業数では108.6社だった。

また、内々定社数は全体平均で1.1社と昨年比10.0%増加。文系女子は0.9社と昨年比横ばいを確保した。

企業側は採用基準を上げて、より優秀な学生の採用を目指しており、「前年とほぼ同基準」の企業は66.2%、「前年より基準をあげた」企業は33.8%、「前年より基準を下げた」企業は0.0%だった。

「企業側が買い手市場の中でより優秀な学生を採用している状況で、活動量を増加させた学生が内々定を獲得した」(エグゼブティブマネジャー 打木洋行)

(東洋経済HRオンライン編集部:田宮寛之)

【学生アンケート調査概要】 
調査対象:2011年4月に入社予定の36万0440名の学生
調査方法:インターネットによる調査
調査期間: 2010年5月13日~19日

【人事担当者アンケート】
企業の採用活動調査として、新卒採用活動を企業側の視点から調査
調査対象:2011年度新卒採用活動を実施する1662社
調査期間:2010年5月13日~19日

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。