【産業天気図・百貨店】リストラ効果発現も、投資負担重く利益低水準。終始「曇り」へ

予想天気
10年4月~9月 10年10月~11年3月

百貨店業界は2011年3月まで1年通じて、「曇り」の低調な景況感にとどまりそうだ。リーマンショック後の個人消費冷え込みと、収益柱の衣料品不振が09年度業績を直撃。10年度は消費の戻りや前期のリストラ効果で業績は上向くが、投資負担が重い会社もあって利益水準は低いままだ。

09年度は店舗閉鎖、人員削減を余儀なくされる百貨店が相次いだ。

三越伊勢丹ホールディングス<3099>は三越の早期退職(約1600人)や店舗減損で、10年3月期は635億円の最終赤字。近鉄百貨店<8244>、松屋<8237>、北九州地盤の井筒屋<8260>や北陸地盤の大和<8247>といった地方の老舗もリストラ費用がかさみ最終赤字となった。

10年に入り、消費動向は改善を示している。既存店のマイナス幅はおおむね縮小、前年比でプラスに転じる店も出ている。

09年は春先のインフルエンザ騒動などがあって不振の極みだった時期でもあり、前年越えのためのハードルは低いともいえるが、節約疲れから一部商品で回復傾向にあるのは事実。かつてない大規模なリストラを断行した効果もあって、10年度は営業増益に転じる百貨店がほとんどだ。

ただ、店舗改装など投資負担が重い会社も多く、全体でみると利益復元力は弱い。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。