なぜ日本人は落合博満が嫌いか? テリー伊藤著

なぜ日本人は落合博満が嫌いか? テリー伊藤著

選手としても監督としても超一流なのに、人気だけはいま一つの野球人・落合博満。その理由は、非情な采配を筆頭に、マスコミ取材の拒否、ファン感謝デーの欠席、名球界入りの辞退など、無愛想で媚びず、サービス精神のかけらもないからだという。

しかし、人気演出家である著者は、そんな落合の姿に、勝利のために黙って信念を貫く勝負師の姿を見る。そして、その生き方に古きよき日本人が持っていた頑固一徹なパワーと、この国を覆う閉塞感を打破する新たな可能性を展望。他人に嫌われることもいとわず、つねに有言実行、退路を断って、黙々と自分のやるべきことをやる。そうした姿勢を「落合力」と名づけ、彼の人間的魅力に迫る。

角川oneテーマ新書 760円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。