マクドナルド、前同月年比17.4%減の異変

7月既存店売上高が大幅減収、マックのピンチ

 8月5日、日本マクドナルドは、7月の既存店売上高が前年比17.4%減となったと発表した。使用期限切れ食肉の問題の影響で、売り上げが大幅に減少した。東京で先月撮影(2014年 ロイター/Issei Kato)

[東京 5日 ロイター] - 日本マクドナルドホールディングス<2702.T>は5日、7月の既存店売上高は前年比17.4%減となったと発表した。中国の上海福喜食品が使用期限切れの食肉を供給していた問題の影響で、売り上げが大幅に減少した。

全店売上高は同18.0%減少。

*写真のキャプションを修正して再送します。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。