マクドナルド、前同月年比17.4%減の異変

7月既存店売上高が大幅減収、マックのピンチ

 8月5日、日本マクドナルドは、7月の既存店売上高が前年比17.4%減となったと発表した。使用期限切れ食肉の問題の影響で、売り上げが大幅に減少した。東京で先月撮影(2014年 ロイター/Issei Kato)

[東京 5日 ロイター] - 日本マクドナルドホールディングス<2702.T>は5日、7月の既存店売上高は前年比17.4%減となったと発表した。中国の上海福喜食品が使用期限切れの食肉を供給していた問題の影響で、売り上げが大幅に減少した。

全店売上高は同18.0%減少。

*写真のキャプションを修正して再送します。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
攻防!たばこ規制<br>迫る全面禁煙社会

厚生労働省が「受動喫煙防止対策」を強化。今年の通常国会での法案提出を目指す。飲食店などでは「分煙ルームもNG」となり、客離れが生じかねない。飲食、娯楽業はどう対応するのか。