なぜフランスでは子どもが増えるのか フランス女性のライフスタイル 中島さおり著

なぜフランスでは子どもが増えるのか フランス女性のライフスタイル 中島さおり著

自らも体験したフランスでの出産・育児事情を前著でつづった著者がその後の反響に応え、なぜフランスが現在のような状況に至ったか、その歴史的背景をひもとく。

2008年には出生率が2%を超え、子どもが増える先進国というイメージが定着したフランス。その出産・育児に対する行政援助や保育システム、多様な家族の形などは、成功事例として日本でも紹介されている。

何が日本と違うのか。フランスの伝統をそのまま日本社会に移植することは難しいとしながら、「フランスらしさ」といった文化的特性から離れ、歴史的な経緯から見れば参考にできる条件もあるのではないかと指摘。現代日本がフランスから学べることを考える。

講談社現代新書 777円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。