マツダ、期待の「デミオ」発売前の懸念

純正カーナビに不具合見つかる

7年ぶりに全面刷新。小型ディーゼルエンジン搭載で、燃費のよさを見せつけた

マツダはコンパクトカーの「デミオ(海外名:Mazda2)」を7年ぶりにフルモデルチェンジし、今秋の日本を皮切りに全世界で販売を開始する。日本での価格は約140万~約190万円の見込み。国内市場で、競合他社がコンパクトカーのハイブリッド車(HV)や軽自動車で新型車攻勢を掛ける中、マツダの巻き返しを担う期待の新型車だ。

前評判は上々である。2012年からスタートした新しい統一デザインを採用、コンパクトカーながらも、先に発売した「アテンザ」や「アクセラ」といった上級車と通じる、躍動感のある外観となっている。内装もコンパクトカーにしては上質感を持たせた。車体やエンジン、変速機なども全面的に刷新し、走行性能や燃費性能を高めている。

燃費は1リットル30kmというよさ

特に注目なのが排気量1.5リットルの小型ディーゼルエンジンの搭載車をラインナップすることだ。燃費は軽油1リットル当たり30km程度と、軽自動車やHVを除いたエンジン車では最高水準となる。税金の安い軽油を使うため、燃料代で比較すると、ガソリンHVとほぼ同等になる計算だ。車両価格も、同クラスのHVモデル並みとする見込みで、価格競争力もある。

国内市場で大きな支持を得たHVを持たないマツダにとって、ディーゼルは他社にない差別化ポイントだ。実際、SUV(スポーツ多目的車)「CX-5」、最上級セダン「アテンザ」では、ディーゼル車が人気。コンパクトカーのデミオでは、趣味性の強い上位車種ほど売れ筋にはならないだろうが、ブランドの独自性や、燃費競争で劣後していない、というアピール効果は大きいだろう。

次ページカーナビのトラブルは気がかり
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
リクルート<br>覚悟の海外展開

リクルートの海外事業が絶好調だ。海外の人材派遣事業を買収し、急成長している。目標は2020年までに人材事業で世界一。海外事業をゼロから育てた2人のキーマンに迫る。